ルール説明

道着

国際テコンドー連盟(以下ITF)が認めるオフィシャル道着にて参加すること。

防具

国際テコンドー連盟(以下ITF)が認めるオフィシャル防具にて参加すること。
以下に着用義務のある防具を提示します。

・手足の防具
・マウスピース(透明のもの)
・ファールカップ(男性のみ・道着の中に着用すること。)

以下に任意の防具を提示します。

・シンガード
・ヘッドギア
・女性のバストガード
・女性のファールカップ

トゥル

型(トゥル)は、テコンドーの根幹をなすものです。ITFテコンドーにおいては全部で24種類の型があり、テコンドーの基本動作や、実際の攻防を想定した一連の動きで構成されています。

競技ルール
トゥルは1回戦から決勝戦まで指定を2つ演じるものとする。
採点基準
以下の内容が型の採点基準になります。
・動作の正確性・力強さ・スピード・バランス・呼吸・動きの滑らかさ・リズム・動作のタイミング・サインウェーブ
その他の注意点
試合の間近に昇級審査を受けた者で新しいトゥルを覚えていないものは、試合の日より 1ヶ月以内に審査を受けた場合のみ、審査を受ける前の帯にて試合の参加を許可するものとする。これはあくまでも審査の日が基準であり、新しい帯を授与された日から 1ヶ月ではありません。
昇段審査については賞状の発行が海外から送られてくるので、審査日から 2ヵ月以内であれば、前の帯にて試合の参加を許可します。

マッソギ

テコンドーの組手(マッソギ)では、ライトコンタクト制が用いられています。テコンドーの組手競技の目的は、相手を倒すことではなく、より正確な技を競い合うことにあります。

競技ルール
試合時間は1回戦から決勝戦まで2分2ラウンド、インターバルは1分とする。
延長戦となった場合は、インターバル無しで延長戦(1分)を行う。
さらに延長戦(サドンデス)となった場合もインターバル無しで行う。
有効打とポイント
正しく、力強く、素早く、攻撃の意思を持って、有効部位を攻撃し、攻撃後もバランスを崩していない場合に得点となる。スピードのない攻撃、偶然当たった攻撃、攻撃後に転倒や場外に出た場合などはすべてポイントにならない。有効部位は、中段(帯の上から首までの胴体の前面と側面)、上段(顔面、側頭部、頭頂部)、ポイントは下の表を参考に。

ポイント1

1ポイント
手技による上段、中段への攻撃

ポイント2

2ポイント
蹴りによる中段への攻撃

ポイント3

3ポイント
蹴りによる上段への攻撃


注意・減点・失格
注意
以下の場合は、「注意」の警告を受ける。「注意」3回で1ポイントの減点を取られる。
・ 下段(帯より下)、背面、後頭部を狙っての攻撃
・ 相手を押す、つかむ、倒す、投げる、クリンチなどの行為
・ 顔面への強打(振りかぶる、振り抜く等の)
・ 頭突き、肘、ひざ、などを使った攻撃
・ 場外(場外ラインから両足が出た)
・ 転倒(片ひざ、片手などが床に付いた時点でも転倒とみなされる)
・ 試合に対して消極的な行為。相手に背を向けて逃げる等、故意に対戦を避けた時
・ 倒れた相手への攻撃や致命傷を与えようとする行動
・ 対戦相手への侮辱
・ 審判員に対する不品行

減点
上記行為の中でも、特に度を越している、又は危険と判断されるものは「減点」警告とともに減点を取ります。

失格
3ポイントの減点を取られた時点で、その選手は失格負けとなる。また上記反則行為の中でも、特に悪質である場合には主審判断により即失格となる場合もあります。
防具について
防具は競技性より安全性を重視し、以下のものを着用していただきます。
なお、主催者側が用意すると記載があるもの以外は、全て選手が用意をすること。
またフルフェイスのヘッドギアについては強度不足、もしくはすでに傷んでいる状態にて使用した場合の事故については自己責任とすること。

用語については
着用義務…必ずつけること
着用任意…着用は個人の自由となります。
■少年部(小学生以下)
着用義務 ウレタングローブ、もしくは ITFにて認可された公式グローブ、もしくはそれに類するもの。
※オープンフィンガーのグローブの場合は必ず軍手を着用すること。
着用義務 ウレタンブーツ、もしくは ITFにて認可された公式グローブ、もしくはそれに類するもの。
頭部 着用義務 後頭部を保護してあるオープンフェイスのヘッドギア、もしくは頭部前面が完全に覆われたフルフェイスのヘッドギア。ただし、オープンフェイスのヘッドギアを使用する場合はマウスピースの着用を義務付けるものとする。
※オープンフェイスのヘッドギアのみ大会主催者にて用意します。
胴部 着用義務 腹部前面・側面が覆われたボディプロテクター。(硬質のものは不可)
ファールカップ 着用義務(男性のみ) 形状は問いません。
シンガード 着用任意 形状は問いません。(硬質のものは不可)
■中学生
着用義務 ウレタングローブ、もしくは ITFにて認可された公式グローブ、もしくはそれに類するもの。
着用義務 ウレタンブーツ、もしくは ITFにて認可された公式グローブ、もしくはそれに類するもの。
頭部 着用義務 頭部前面が完全に覆われたフルフェイスのヘッドギア。
胴部 着用義務 腹部前面・側面が覆われたボディプロテクター。(硬質のものは不可)
ファールカップ 着用義務(男性のみ) 形状は問いません。
シンガード 着用任意 形状は問いません。
■成年部
着用義務 ウレタングローブ、もしくは ITFにて認可された公式グローブ、もしくはそれに類するもの。
※オープンフィンガーのグローブの場合は必ず軍手を着用すること。
着用義務 ウレタンブーツ、もしくは ITFにて認可された公式グローブ、もしくはそれに類するもの。
頭部 着用義務 後頭部を保護してあるオープンフェイスのヘッドギア、もしくは頭部前面が完全に覆われたフルフェイスのヘッドギア。ただし、オープンフェイスのヘッドギアを使用する場合はマウスピースの着用を義務付けるものとする。
※オープンフェイスのヘッドギアのみ大会主催者側にて用意します。
胴部 着用義務 腹部前面・側面が覆われたボディプロテクター。(硬質のものは不可)
ファールカップ 着用義務(男性のみ) 形状は問いません。
シンガード 着用任意 形状は問いません。
計量
計量は下が道着、上が道着、もしくは Tシャツにて体重計に乗ること。
またその際に道着の重さを考慮して、小学生以下は 300g、中学生以上は 500gまでの超過を認めるものとする。
例:成年男子マイクロ級 57kg未満 → 57.4kgは OKです。
また計量は試合当日の選手受付時、もしくは前日の正午(12時)から 18時の間に前日計量を行えるものとします。

前日計量を行う場合の方法は以下の通りです。

前日の 12~18時の間に体重計に本人が乗っている写真と、体重計の数値の写真を撮影し、前日計量用のメールアドレスまで送信すること。またその際に名前が分かるように文章、もしくは件名に記載すること。不正が発覚した場合は失格となります。

受付時間:前日の12~18時
前日計量用のメールアドレス:zenjitu@hotmail.com
その他の注意点
エントリーした階級の制限体重に対して、体重が足りない場合は、参加可能とします。
例:少年部男子ライト級 22kg~28kg未満 → 21kgでも参加可能です。

セコンド

マッソギの競技については、全試合に対してセコンドを付けることを許されるものとする。(義務ではありません。)セコンドに付ける者の条件は以下の通りです。

・本会の会員であること。
・2級以上の級・段位を有すること。
・セコンドに付く際の服装は、スポーツウェア、もしくは道着であること。(靴については特に規定しないものとする。)

表彰

全日本テコンドー選手権大会における表彰は以下の通りです。

・優勝  1名
・準優勝 1名
・第3位 2名